メニュー

おでん

さつま揚げ

魚のスリ身を四角くあげたもの。 関東では薩摩揚げ、もしくは四角いものを「利久型」と呼ぶ所から利久。 関西の方では天麩羅・野菜や具を沢山入れて野菜揚げ、 九州の方では琉球揚げ等とも言われています また、四角い形から『座布団』などと言われる方もおります。

焼竹輪(豊橋蒲鉾)

蒲鉾の原型ともいえる焼竹輪は魚のスリ身を 竹や鉄の棒にこすりつけ、一度蒸してから焼き上げたものです。 当店で使用している豊橋と呼ばれるちくわは中央部分だけに 火を入れていく独特のものです。

うずら巻き

中にはウズラの卵が入っています。

その形から「巣ごもり」とも呼ばれています。

シューマイ巻き

魚のすり身の中にシューマイを入れて揚げたものです。

エビ爆弾

通常バクダンと言うと鶏卵が入っているものですが、 当店のバクダンはぶつ切りにした海老が入っており、 そこから出る甘みも特徴の一つになっております。

昆布(日高昆布)

日高昆布はえりも岬を中心とした周辺で 7月中旬から9月上旬にかけて採取されます。 また、他の昆布に比べ早く煮えるところから、 早煮昆布ともいわれています。

茎わかめ

わかめの茎の部分を巻いたものです。

昔、市場で仕入れる魚を探していた時に偶然見つけ、

おでんで試したところ好評だったために4代目が始めました。

たこ足

当店のたこ足は色がよく柔らかく煮えています。 是非一度、御賞味下さい。

いいだこ

いいだこの卵はご飯粒のような形をしているために、

「飯蛸(いいだこ)」と言われています。

子持ちの時期になると当店でも子持ちのいいだこをお出ししています。

つみれ(つみ入れ)

イワシから作るつみれです。イワシには血液凝固を抑制する エイコペンクエン酸(EPA)や、 脳を活性化させるドコサヘナサエン酸(DHA)が多量に含まれています。また、つみれはサンマ・アジ等でも作れますが 当店では一貫してイワシを使用しております。 つみれの語源は小魚の身を叩いて味付けし、 適当な大きさにつまんで湯の中に入れる所から 『摘み入れ』~『つみれ』と変化していったものです。

ばい貝

今と比べて昔はよく取れ、手に入りやすかったためのでんに使っていたそうです。

昔は「ベイ貝」と呼ぶこともあったそうで、

バイ貝の殻を使った「ベイゴマ」はそこからきているそうです。

帆立

貝らしい味があり、出汁にうま味を加えてくれます。

葱まぐろ

葱とマグロを交互に刺したもので、ネギマとして最初にできたのは

鶏肉よりマグロのほうが先だったという説があります。

魚すじ

半ぺんをつくった際に出る鮫の筋で、 他に軟骨とでん粉を加え、茹で上げたものです。 薄い塩味と歯応えが特徴で関東独特の物の様です。 関西の筋とは牛肉を指しますが、当店のスジは 魚(鮫)から作られるものです。

たまご

うずら

ころ

さえずり

焼き豆腐

おだしの風味が味わえます。

ゆば

平ゆばを巻いてあります。

厚揚げ

厚めに切った豆腐を高温であげたもので、 関東では生揚げ、関西では厚揚げと言われています。 (油揚げ)=(薄揚げ) 豆腐を薄く切り二度揚げしたものですが、 関西の揚げは関東の2倍程の大きさがあり、京揚げとも言われています。

がんもどき

豆腐をつぶして水気を切り山芋を合わせ、その中へ細かく刻んだ野菜等を入れて団子状にして揚げたものです。 関東で『雁もどき』今でいう『つくね』に似せて作った 精進料理は代表的であります。 関西では『ひろうす(飛龍頭)』と呼ばれ、 関東のものより具が多く多種多様です。そういった具が多いがんもどきを『京がんも』とも呼びます。当店のがんもどきは、それに近く具がゴロゴロと入っております。

高野豆腐

冬の寒気を利用し、豆腐を凍らせ、乾燥させたものです。 急激に凍らせる為、豆腐の旨味をそこなわれずに内側にとじこめられます。 高野豆腐の他に、しみ豆腐・凍り豆腐とも呼ばれています。

はんぺん

白身魚のすり身と山芋、卵白などを混ぜて蒸したもの。食感がやわらく口いっぱいに出汁と魚のうま味が広がります。

もち袋

餅、しいたけ、長葱 が入っています。

おたのしみ袋

ちくわぶ

関東(江戸・特に下町域)独特のこの食べ物は、 小麦の中に水と少量のグルテンを加え、 竹輪型にはめ、ゆであげた麩もどきです。 そこからついた名が『竹輪麩』です。 当店では昔使用していた『白竹輪』と呼ばれる物は蒲鉾であり、 竹輪麩ではありません。

粟ぶ

生麩の中に粟(あわ)を練り込んであります。

車麩

里芋

1 2 3 4